昭和な革屋さん レザーサロン ヒサシ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴ベラ


 ごぶさたしております。

早速ですが、今回作った物を紹介したいと思います。

さて、今回のお客様、
「靴ベラを作って欲しい」との事

「靴ベラですか?」
まずワタクシが思い浮かべた物は、
「キーホルダー」みたいな例のあれです。

実はワタクシ、今まで何度か靴ベラの以来を
お断りしてきました。

と、言うのも
実際、革の靴ベラは使っていくとどうなるのか?
数年後も靴ベラとして機能するのだろうか?
等と言った疑問が有るからです。

通常は、「まず自分で使ってみる」が基本なのですが、
年間の殆どを裸足で過すワタクシには、
それが出来ず、断ってきたのです。

なので今回のお客様にも、
「革の靴ベラは~」「数年後の~」
等とお断りの話しをしていると、

「牛の角でつくれませんか?」

そう来たかぁ
実は何故かお店に水牛の角が有りまして、
思わず「出来ますよ」
と、いつもの安請け合い。

そして制作に掛かります。

まずは水牛の角から、丁度良く
湾曲した部分を切り出します。

P1010024.jpg こちらが実際の角。
 *本物です。

 ここからヘラになる
 部分を切り出した所。





 さて、ここで問題発生!
切り出してみると、予想以上に角が肉厚で・・・

靴ベラに適した厚さにするため、
形を整えながら削って、
最後に表面をつるつるに研磨して
ヘラになる部分が完成。

ここまでの作業が、もの凄く大変でした。

しかし、ヘラの部分が完成すれば後は簡単。
本業の革の部分です。

そして完成したのがこちら。 

P1010025.jpg スライドしてコンパクトに
 持ち歩けるタイプ。

 収納時の状態がこちら。






P1010030.jpg ヘラ部分を出すと
 この様な感じになります。

 角の模様がお洒落です。 






P1010029.jpg 手に持つと、
 こんな感じです。

 手のひらサイズですね。






靴を履くとき、ポケットからこれが出てくるとカッコよいですね。

今回のお客様も、大変満足して戴けました。

スポンサーサイト

コメント

靴ベラ制作をお願いしたものです。大変お世話になりました!

コメント書き込みかなり遅くなりました。

無理を言って作って頂きましたが仕上がりに大満足です!

またお邪魔します!

クツベラさん
ご無沙汰しております。

喜んで頂けて
こちらも満足です。

またの来店、お待ちしております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://salon134.blog43.fc2.com/tb.php/28-95721200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

プロフィール

サロン店主

Author:サロン店主
レザーサロンへようこそ! 当店は「貴方のワガママを形にする」
を謳い文句に営業する皮革製品専門店です。
住所
 札幌市北区北二十条
 西八丁目一番三号
 (北大斜め通り)
営業時間
 11:00~20:00
定休日
 不定休
電話
 011-726-8280 

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。